子育ての感覚
最近特に、夫は自由だと思う。

うちは一人息子と夫の3人家族。夫婦完全に別々の財布である我が家は、互いの勤務先についてもよく知らないまま。先日、夫はそれまで行っていた仕事を「今後もうしないから」とあっさり言い切り、ステージの活動を再開すると言い出した。
なんで今更ステージ活動なのか、さっぱりわからないが、私には、なにより収入が不定期になることが最大の不安。まれにたくさん稼げると、とっととセネガルで何かするために使ってしまい、うちの収入が増えるわけじゃないから、我が家の収支決算は毎度マイナス。夫の「いつか〜する」「後で必ず〜」は聞き飽きた。お前の「いつか」は、息子の成人後でも怪しいだろうが。

子供を育てることは、経済力だけじゃ無理。世の多くの父親も誤解していると思うことだが、子供に食事を用意し、保育園への送迎もし、身なりもきちんとさせる、ことは、何も母親だけの仕事じゃない。夫はこれを「気が向いた時のみ」する。大変身勝手だ。夕方、バタバタと仕事を終わらせ、保育園に迎えに走れば、息子はいない。連絡しろよ。連絡がなければ、迎えにいけるのかと思えば、「え!今、バスケしているから、行けないよ」と当然のように言い放ったりする。
夫の中でまだ積極的にやる保育園の送迎さえ、こうなのだ。
おまけに、連絡なく、平気で帰ってこない。先日3晩戻ってこなかった時は、1日目は「車がちょっとトラブって帰れなかった」と連絡があり、2日目は、「迎えに行けない」とだけ、連絡があり、3日目は、なんにもなかった。車のトラブルと聞いているし、事故でもやらかしたか?(被害者とは思わない)と心配し電話すれば「大丈夫に決まってる。何を心配してるの?」ときたもんだ。帰ってきた夫に何をしていた?と聞くと「仕事の話」ですと。仕事といえば、幾晩も帰ってくることなく、家族を放ったらかしでも、免責とでも言うのか?

ここであえて夫の生い立ちを考慮するなら、セネガルの父親は、子供の身の回りの世話は全然しない。夫もされたことはない。家計を支えれば、あとは、家長としてでーんとしているイメージ。でも、夫はそんな父親を反面教師だと言い、息子にはちゃんと手をかけたいし、友達のような存在でもありたい、と言っていたのに。


こういう夫は無視するに限る。期待すると振り回される気分になる。

いつか、だまって引っ越ししてやる、と思っている。


(fatou@吉)
[PR]
by gattsaf | 2007-02-11 12:40 | セネガル人ってさ
<< 思いやり 大統領選 >>