ベルトはムチじゃない
あれから、多少落ち着いて、夫もそれなりにいい訳をし、
静かに暮らしていたつもりでした。

が。


先日、夫は自分のベルトをムチとして使いました。息子に。
それを身体張ってかばった私の腰にも腕にもあざができ、皮がめくれました。

まだ自分コントロールきかなくなる夫。
それも、私が息子に毎度叱るのが頭にきて、
息子に怒りが行ったらしい。絶対私への当てつけだ。

夫は息子をキツく叱る時は、お尻をぶつ。
今回、それがエスカレートし、尋常じゃなかったので
私は間に入った。
夫にふっとばされ蹴られても
息子に少しでも夫の以上な暴力が及ばないように
息子の上に覆いかぶさった。

私が身体張ったからか、遠慮なく奴はぶった。


絶対許さん。

そう思ったものの、こいつの怒りが静まるまでは、下手に動かない方がいい。

言いたいことを言わせ、とにかく息子に手をあげないよう
息子を従わせ

夫が落ち着いた頃、買い物に出るフリをし家を出た。
家出するつもりはなかったが、バカな夫から離れたかった。
息子も夫のそばに置いておきたくなかった。


そして、「手をあげるようなことがまたあれば言ってください」
と言ってもらえていた夫の恩人宅に走った。


恩人は不在だったけど、私の話を聞くなり、
すぐに夫に電話されたようで

夫は泣いてました。と。
非常に後悔している、と
夫の様子を私に伝えてきた。


その後、夫から電話があり、ずっと謝られたが

どう懺悔されたって、息子も私も打たれた跡が消えるわけじゃない。
どんな理由をもっても、あんなに打たれる理由にならない。

腹いせに、自分の服を買ったり、息子においしいものを食べさせたり
気を紛らせてから帰った。


夫にはしかと息子の打たれた跡を見ろ、と言った。
言うと、息子の打たれた跡は見たが
私の傷跡は改めて見ていない。

こんな傷ができるほど、息子を打つつもりだったのか?
私が覆ったからああも打ったのか?

と聞いても無言のままだった。


叩いた跡をみると悲しいと。
後悔している、と、言う。

息子の顔にあった夫の手型は3日ほどでとれた。
足も湿布をして寝かせていたけど、それも3日程で済んだ。

息子はケロリとまた毎度同じことを言わせ私に注意される。


夫はトラウマという言葉を知らない。

夫も私と同じように注意しているつもりだろうが
夫が多少強く睨むと、息子の目はおびえている。
すかさず私が口を挟む。
すると「うるさい」と私をもまだ睨めるこの夫。

十分怖いんですが?


トラウマの意味を話したが、今イチなようだ。
どれだけのことをやらかしたのかわかってない。


私の身体の傷もあざもまだ残っている。


同じ目に遭わないと、夫はわからないんだろう。
身体の傷が癒えても心は癒えないってこと。

そして
暴力の恐怖による服従の屈辱を
夫のような男はわからない。




2度と同じような事があってはならない。
同じような事が起こりそうな予感がした時点で
夫からは離れるつもりだ。

甘いか?

夫にも同じことを言ったが

「二度としない」

信じられるか?

これまでだって何度私に謝ってきたというのだ?
自分への誓いなぞ守った事がないのだから
「絶対しない」なんてほんとに思うなら
生保1億円くらい掛けてみろってんだ。
誓いを破ったら、死んで詫びる覚悟として
実際にそれくらいするならば
ちょっとは信じてやる。


ほんとに本音。

恥なことだけど、葬り去りたくないことだったので
ここに綴ることにしました。


今はまともなつもりなんだと思う。
まともな接し方をしてくれている夫。


狂気って、一度出せた相手には
容易くでるんだろうな。


息子はまだ父親に未練あるのかな。


(fatou@吉)

人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2008-07-17 00:31 | ときどき日記
<< 初めてお会いしました まとまりませんでした。気持ち >>