傷の残り方
息子が所属するbaskeチームは県内でも強豪とされているチーム。
おかげさまで、厳しくも「おもしろい!楽しい」と言って
baskeを(彼なりに)熱心にやっている様は親として満足。

が、小学生がスポーツを熱心にしたい場合
親は子供以上に時間も手間もかけなくちゃならない。

というわけで、父兄同士も共に過ごし協力し合わないと大変。
子供にスポーツをさせるだけなのに
父兄同士の人間関係が親自身の心労ウェイトを大きく占めてくることもある。

・・・・

先日、息子が自分の風貌を「嫌だ」と言い、
アフロの髪にも「いややけん、切った」と
私に話してくれた時にはすでに自分で一部髪にはさみをいれていた。

それを発端として、学校にも対応してもらい
basukeチームでも緊急父兄会となった際。

溝の残ることを散々言われました。わたくし。

息子は、自分が生まれ持った風貌に自信持っていたのだけど
それを知った上で、
相手は理不尽な言い方や態度で息子を否定し続けていたのは確かで
どの角度からみても、相手はいい訳できないことをしていたと思った。

でも

相手母親は
「気に入っていることを知ってて悪く言い続けていたことは悪いと思います。
  それは謝ります。すみません」
と投げ捨てるように父兄会の場で言い、その後に続く「でも・・〜〜〜〜」の事の方が長く、
私は謝罪を受けた気分にはなっていない。

さらに、この母親以外からも、普段の息子のやらかしぶり、やんちゃぶりを
散々責められ、
「そっちだって〜〜とか◯◯とかうちの子に言って、うちの子泣いてるんよっっ!!!」
「なんで自分の子ばかり被害者な事言うの?!!」
などと言われた。

私としては、それは、男子同士の喧嘩やろ。お互い様やろ。
うちの息子が手がかかるのはよくわかっている。だから
これまで散々やられているのも逐一言う気はない。
息子が直すべきところをちゃんとすればいい。
多少のいじわるはbasukeで見返すんよ、と息子にも言っている。
でも、
お前の息子が学年上のくせに、複数で息子にいじわるしているのは知っている。
それに反抗する息子の言葉がきつければ、そこを責める恥知らずめが!
事実、息子に理不尽にいじわるしていたからこそ、学校で呼び出された際
「怒られた」となったんだろう?何もしていなかった子たちは、
先生に言われた通り、見た事、知っている事を話しただけで終わっている。

担任に呼び出され叱られたことが気に食わない親たちはそうやって怒っていた。

が、気分高揚、涙声になってまくしたてるこの親には
説明する気にもなれなかった。

それでも、息子にとっては、彼の風貌もうちの家族構成も当然のことで
うちはうち、友達は友達、と教えてきている中で、
自信をなくさせるまで、陰険に否定するのはおかしい。
明るい息子に思い詰めさせ傷つけた痛みはわかってほしい。

ということを分かってもらうために、夫へのこれまでの心ない差別のことも
ちらり挙げて
「私も夫と一緒になったから分かる痛みがある。知らなかったから、悪気ないから、
  じゃ済ませちゃいけないことはある。言っちゃいけないこともある」
と言えば

指導者立場で父兄を仕切る女性より

「でも、分かってて生んだんやろ?」

・・・・

頭きましたよ。頭真っ白になるくらい。

「それでも言っちゃいけないことはあるし、
  自分の言動で誰かが傷ついたなら、きちんと謝ることを子供には教えないと・・」
こう続けるのが精一杯でした。


そういう風貌で生まれてくることわかってて
ここに暮らしてるんやろ?
中傷も差別も仕方ないでしょ。

そう言わんばかりの一言。

それが指導者の一人とはね。


キャンキャン吠えてた親たちの低レベルさ以上に
呆然とした言葉でした。


basukeをしているのは息子。
そのチーム父兄として私は協力するだけ。
主役の子供たちがちゃんとbasukeができればいい。


そう念じて念じて、今に至ります。


息子はケロリとしている。
「お前が言ったことで△▲は泣いたんだって。
  自分が言ったことで相手が傷いたなら、ちゃんと謝ろうな」と
キャンキャン言ってた親子のところには私も一緒に謝った。
あっけらかーんと明るい声で謝った息子。
(ちなみに、息子は「きのこあたま って言ってごめんね」と謝っていた(笑))
相手たちも「いじわるしていてごめんね」そんな風に言った。
親も「あっら〜。もうそんないいのに。ほら、あんたも謝んなさいっ!」。
(そんないいのにって、キャンキャン吠えたのつい前日。
  なんで、「いいのに」って、上から?被害者?目線?????)

それもこれも息子の教育上。

自他ともに認める陰険ないじわるをしつづけた張本人は
学校で先生目の前にして泣いて謝ったらしく、
息子は先生も驚くほどあっさりと「いいよ。もうしないならいい」
と許していると聞く。

それでも、親は父兄会の場で私に謝りの言葉を投げ捨てただけで
親子共々うちに謝りにはきていない。
私なら、自分がしでかしたことの重大さを親が相手方に頭下げることで
心に刻めるんだろうと思うけど、
あの親子はしていない。

だから、「家では叱っています。以前のときも」なんて言い張ってたって
当の子供はし続けていて、事はひどくなっていったんだろうが?

多分、張本人は、今もうちに気まずいはずだ。
親は他の親にうちには寄り合わないから、と言っていたらしく
未だ私と目も合わさない。


こんななんやかやがあったのが昨年12月頃か?
今まだかなりの頻度で浮かぶ

   「わかってて生んだんやろ?」
    吠えてた親の顔。


早く昇華すればいい。


(fatou@吉)


人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2010-01-21 11:40 | ときどき日記
<< UNIQLO ロシア出店 NPO法人が在日外国人向けの家... >>