カテゴリ:ときどき日記( 92 )
お元気で。
 数年、手をつけていませんでした。
 ここの記事が同じ経験者のよりどころになることもあるだろう、と。

 改めて。
 ここはマギーチャンとfatou@吉が二人で綴っていたブログ。
 それぞれが忙しくなり、数年更新していません。

 放置していたので、コメント不可にしていましたが、承認制で再開してみました。
 言いたい事があれば今のうちに。

 
[PR]
by gattsaf | 2013-05-03 11:43 | ときどき日記
担任へ伝えておくこと
新学年が始まります。

この時期に配布される「家庭調査票」なるものに、
「学校へ伝えておきたいこと」なんていう欄がある。
ふと、「書くことは何もないかな?」と思ってしまったが、
すぐに打ち消した。

息子にとっては当たり前の日本の小学校で、
他と変わりなくいるつもりでも、
私もそういった目線が定着しているとしても

それでも、あえて書く。
息子に初めて担任として接する方が
どんな経験をされてきた、
どんな人間性をもった、
どれほどの教師の力量を持たれた
方かわからないのだから。

 デフォルメされたアフリカのイメージを安易に語らないでほしい。
 息子は幼心に実際の彼のもうひとつの母国を見てきている。
 それが息子にとってのリアルなアフリカ、セネガル。
 息子には日本人、セネガル人どちらでもあることに誇りを持ってほしいと思っている。

という類のことを伝える。

担任は世間一般の感覚だけでいてほしくないからだ。
息子の担任ならば、教え子の一人として息子の境遇を
もう一歩踏み込んで知ろうとしてほしいと思う。

とってもにぎやかに、楽しく、おいしく、
最後に痛い思いをした
息子にとってのセネガル思い出を
私は大切にしたい。

それをベースに今後彼が知るであろう
遠い祖国の現実を受け入れ、
こちらで学び鍛えて
どこでも生きれる人になってくれることを願う。


学校にいる大人の中で
息子の良き理解者であってほしい担任。

「伝えてください」といわれるなら
こちらには慣れたことでも
あえて言っておく。
それをどう受け取るか、対応されるかは
担任と学校の力量ということにしとこ。


慣れても慣れても
「仕方ない」なんて、
私があきらめてはいけない、と尻を叩く。
息子が慣れて気にしないのは大いに結構。
[PR]
by gattsaf | 2012-04-08 00:27 | ときどき日記
オレ より ワタシ
話し言葉を自分の日本語として身につける夫達。

その話し振りから、夫の周りの人間がどんな風かもなんとなくわかる。
特に若者言葉というのは、すぐに影響されてくるからわかりやすい。
あれ、独特すぎる。NHKの「にほんごであそぼ」の中にはまずあり得ないリズム。
単語の使い方も違う。
見聞きする外国人同士の会話の中で
若者的は話し方というのは妙なデフォルメがあるからか
なお違和感。

別に正しくて美しい日本語を意識しろ、と言う訳ではない。

でも、偏見だろうか。
日本語をネイティブに話さない人たちが
自分のことを

「オレ」

と言うと、違和感を覚える。

「私と言って」とつい言ってしまいましたが
たしなめてから
これは偏見なんだろうか?と思う。

でも、なんとなくぎこちない日本語を話す人が
「オレ」だけスムーズだと、品がない気がする。
自分を「オレ」と表して話す時点で、その話言葉に
丁寧感がないから一層言葉足らずになるというか。

しかし、
自分を「オレ」という日本語ネイティブな友人は多数いるが
どうしてそこは自然に受け止められるのだろう?

オレ、ボク、ワタシを自分表現に使い分けてるからかな。


ま、私は身近な日本語アンネイティブ君たちには
「ワタシ」でいてほしい。

そう思う。


人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2011-02-15 19:17 | ときどき日記
UNIQLO ロシア出店
日本で一番金持ちの?社長がいる会社ユニクロが
ロシアに進出ですってね。

私のロシア人イメージは「とても大きい」。
そんな大きな人がたくさんいる国に進出したんだから
規格も日本規格じゃないんでしょう?
今もネットではUSAサイズがあるけど

190cm越える身長の人用服。
30cm以上の足のサイズ用ソックス。

ないよね。

フリーサイズもフリーじゃないしさ。

USAサイズのスウェットも、
丈が十分だった試しがない。

大きい=横にも大きいものなんだもの。

でもだよ。
欧米に進出済み。規格が大きなエリアじゃないか。
手足が長いアフリカ系に合うサイズを
是非、日本でも売ってほしい。取扱ってくれ。

3XL とか4XLのトレーナー、Tシャツはもちろん
ウェスト80cm〜で股下1m以上のパンツ。

長身サイズ。アフリカ系用。
ホーム用で欲しいんだよー。

あるんでしょー?


(どこに向って叫ぶ?)
人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2010-04-02 00:03 | ときどき日記
傷の残り方
息子が所属するbaskeチームは県内でも強豪とされているチーム。
おかげさまで、厳しくも「おもしろい!楽しい」と言って
baskeを(彼なりに)熱心にやっている様は親として満足。

が、小学生がスポーツを熱心にしたい場合
親は子供以上に時間も手間もかけなくちゃならない。

というわけで、父兄同士も共に過ごし協力し合わないと大変。
子供にスポーツをさせるだけなのに
父兄同士の人間関係が親自身の心労ウェイトを大きく占めてくることもある。

・・・・

先日、息子が自分の風貌を「嫌だ」と言い、
アフロの髪にも「いややけん、切った」と
私に話してくれた時にはすでに自分で一部髪にはさみをいれていた。

それを発端として、学校にも対応してもらい
basukeチームでも緊急父兄会となった際。

溝の残ることを散々言われました。わたくし。

息子は、自分が生まれ持った風貌に自信持っていたのだけど
それを知った上で、
相手は理不尽な言い方や態度で息子を否定し続けていたのは確かで
どの角度からみても、相手はいい訳できないことをしていたと思った。

でも

相手母親は
「気に入っていることを知ってて悪く言い続けていたことは悪いと思います。
  それは謝ります。すみません」
と投げ捨てるように父兄会の場で言い、その後に続く「でも・・〜〜〜〜」の事の方が長く、
私は謝罪を受けた気分にはなっていない。

さらに、この母親以外からも、普段の息子のやらかしぶり、やんちゃぶりを
散々責められ、
「そっちだって〜〜とか◯◯とかうちの子に言って、うちの子泣いてるんよっっ!!!」
「なんで自分の子ばかり被害者な事言うの?!!」
などと言われた。

私としては、それは、男子同士の喧嘩やろ。お互い様やろ。
うちの息子が手がかかるのはよくわかっている。だから
これまで散々やられているのも逐一言う気はない。
息子が直すべきところをちゃんとすればいい。
多少のいじわるはbasukeで見返すんよ、と息子にも言っている。
でも、
お前の息子が学年上のくせに、複数で息子にいじわるしているのは知っている。
それに反抗する息子の言葉がきつければ、そこを責める恥知らずめが!
事実、息子に理不尽にいじわるしていたからこそ、学校で呼び出された際
「怒られた」となったんだろう?何もしていなかった子たちは、
先生に言われた通り、見た事、知っている事を話しただけで終わっている。

担任に呼び出され叱られたことが気に食わない親たちはそうやって怒っていた。

が、気分高揚、涙声になってまくしたてるこの親には
説明する気にもなれなかった。

それでも、息子にとっては、彼の風貌もうちの家族構成も当然のことで
うちはうち、友達は友達、と教えてきている中で、
自信をなくさせるまで、陰険に否定するのはおかしい。
明るい息子に思い詰めさせ傷つけた痛みはわかってほしい。

ということを分かってもらうために、夫へのこれまでの心ない差別のことも
ちらり挙げて
「私も夫と一緒になったから分かる痛みがある。知らなかったから、悪気ないから、
  じゃ済ませちゃいけないことはある。言っちゃいけないこともある」
と言えば

指導者立場で父兄を仕切る女性より

「でも、分かってて生んだんやろ?」

・・・・

頭きましたよ。頭真っ白になるくらい。

「それでも言っちゃいけないことはあるし、
  自分の言動で誰かが傷ついたなら、きちんと謝ることを子供には教えないと・・」
こう続けるのが精一杯でした。


そういう風貌で生まれてくることわかってて
ここに暮らしてるんやろ?
中傷も差別も仕方ないでしょ。

そう言わんばかりの一言。

それが指導者の一人とはね。


キャンキャン吠えてた親たちの低レベルさ以上に
呆然とした言葉でした。


basukeをしているのは息子。
そのチーム父兄として私は協力するだけ。
主役の子供たちがちゃんとbasukeができればいい。


そう念じて念じて、今に至ります。


息子はケロリとしている。
「お前が言ったことで△▲は泣いたんだって。
  自分が言ったことで相手が傷いたなら、ちゃんと謝ろうな」と
キャンキャン言ってた親子のところには私も一緒に謝った。
あっけらかーんと明るい声で謝った息子。
(ちなみに、息子は「きのこあたま って言ってごめんね」と謝っていた(笑))
相手たちも「いじわるしていてごめんね」そんな風に言った。
親も「あっら〜。もうそんないいのに。ほら、あんたも謝んなさいっ!」。
(そんないいのにって、キャンキャン吠えたのつい前日。
  なんで、「いいのに」って、上から?被害者?目線?????)

それもこれも息子の教育上。

自他ともに認める陰険ないじわるをしつづけた張本人は
学校で先生目の前にして泣いて謝ったらしく、
息子は先生も驚くほどあっさりと「いいよ。もうしないならいい」
と許していると聞く。

それでも、親は父兄会の場で私に謝りの言葉を投げ捨てただけで
親子共々うちに謝りにはきていない。
私なら、自分がしでかしたことの重大さを親が相手方に頭下げることで
心に刻めるんだろうと思うけど、
あの親子はしていない。

だから、「家では叱っています。以前のときも」なんて言い張ってたって
当の子供はし続けていて、事はひどくなっていったんだろうが?

多分、張本人は、今もうちに気まずいはずだ。
親は他の親にうちには寄り合わないから、と言っていたらしく
未だ私と目も合わさない。


こんななんやかやがあったのが昨年12月頃か?
今まだかなりの頻度で浮かぶ

   「わかってて生んだんやろ?」
    吠えてた親の顔。


早く昇華すればいい。


(fatou@吉)


人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2010-01-21 11:40 | ときどき日記
D・R.Yさん
夫が来日して間もない頃、私は夫と共に人前でベースサバールを叩くことがあった。
他にメンバーがいないので、致し方ない選択。

ある日、夫と近所で
サバールだかジェンベだかを叩いていた時だったかレッスンだったか。
元気のいい明るい女性が声をかけてきた。

「こんちはー!この間の〜でのライヴ、見たよ!覚えてる?
 結婚間近と聞いてたけど、結婚したんだね!嬉しい。おめでとう!
 あの時二人をみて、 『あー、頑張ってるんだ!』と思ったの!
 結婚してほしいと思ってたんだー!よかったー。応援してるよ!」

と。
多分、ライヴの場では言葉かわしているんだろうけど、覚えがなかった。
でも、地元(県外)の友人を案内している途中にわざわざ声を掛けてくれたことも
「私の夫はアメリカ人。うちも大変だったんだー。頑張ろうねっ!」
とさらり言われて連絡先をくれたことも
なんだか嬉しかった。

その方D・R.Y(イニシャル)さんの雰囲気が何よりステキでした。
明るくサバサバと。そして浮世離れもしておらずしっかりした目の光。

その時の交わした言葉は少なかった。でもインパクト抜群。
あの頃「応援してる」と言ってくださる方は数々いらっしゃったのだけど
それは、夫のステージ活動に対してがほとんど。
でも、D・R.Yさんのそれが後に
決めた夫と夫婦でいくことの応援だったとしみじみ知ることになる。

その後、何度かやり取りさせていただいて、
何度となく励まされた。
インパクトあった意味が関わらせていただく度にわかった。

D・R.Yさんの旦那さんもうちの夫と引けを取らないほどの
手をやく&やらかす方。
その旦那さんと家族としてやっていくその日常の姿が
とても力強く、しっかりされていて、それでいて明るい。
D・R.Yさんの育児ぶりも元看護士でもあったしっかりさが発揮され
医者も文句言わないであろう数値化した記録がきっちり。
育児以外の氏変更の家裁手続きの様子なんかも
尊敬に値するほどのファイリング。

手をやく旦那さんとの色々話は絶えることなく、
お家にお邪魔するとずーっと聞き手に回っていた。
(話すより聞くことが多くなったのはD・R.Yさんに対してだけかも)

D・R.Yさんの明るく勢いある話し振りは
接するだけで元気になった。


「アメリカに移ることになった」と挨拶もらって数年。
どうされているかな?


私も同じ匂いがする方には声かけて応援していきたい。



実は応援してる場合じゃない(苦笑)

人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2009-02-08 13:34 | ときどき日記
誕生日
先日、夫の誕生日でした。

わたくし、珍しく(?)バースデープレゼントを用意しました。

夫にプレゼントしても、それがこちらからの特別な気持ちを乗せたものだって
おかまいなく
贈った後は、彼の一所有物に過ぎなくなるので
大事にされる、とかは期待してはならない。

とはいえ、簡単に人にあげたり、逆に使わなかったり、だと
萎える。
間近に見ちゃうので。

ということも含め、用意したプレゼントは

ipod touch。

ステキでしょー。
Macと色々同期ができるし、
モバイルでネットができるし、
夫御用達のスカイプもできるとなれば
夫も使うかなーと。

と用意した頃、夫はノキア電話でラジオだの音楽など
かなり楽しんでおり、あらー、私のものにしようかしら?

そう思いつつ、最近極寒の中でもまじめに仕事に行っていた夫に
ささやかな幸せも必要だよな、と無事渡しました。

でもねえ。夫はこんなコンパクトなもの、
なくしたり、不要と思えば売りにだしかねないので

当然8Gで、そして
Apple店サービスのメッセージ刻印をしてやりました。
(が、メッセージも名前じゃないので、やっぱり売られる可能性あり)

iPod touch は地味に喜ばれましたが
我が家の無線LANにつなげるところから
スカイプできるようにするところから
ゲームをDLするところから
すべてすべてお膳立てが必要で
それらが完了するまではiPod もただの箱。

で、
彼の音楽セレクションを試しにシンクさせたら
8Gもあっという間にいっぱい。
どんなセレクションやねん。

「my macが欲しい」と言っていた夫に
彼が使う機能は、ネットラジオとスカイプと音楽とメールだけ、と思い
それならiPodでいいんじゃない?でしたが
今のところ喜んで使っているのは
息子です。

人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2009-01-31 19:29 | ときどき日記
誰もにメリーメリークリスマス
偶然に2度見る機会があったので
3度目は自分が伝える側に立とうと思いました。



誰もにHappy Xmas


人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2008-12-24 23:02 | ときどき日記
ハプニング好き
「あんたは占い師か予言者か!」
と言いたくなるくらい、
夫はスポーツ観戦などで「今から決めるよ」「こっちが勝つ」
と自分の勘所に自信を示すのが好き。
自分外のことを予測するのは好きですが
自分の予定を私に言うのは好きじゃないようだ。

ま、セネガルでは、良き日にしたい場合
事前に人に触れ回らないようなので
最初は呆れたが
今は、だいぶ事前連絡を私にするようになったし
私も慣れた


夫は粋なこともたまにする。

喧嘩した後、謝罪のメモを添えた花束プレゼントという
欧米映画みたいなことやってくれたり
数年前の頻繁なライヴ時では、ステージ上から
私への感謝、労い言葉を語るのは常だったり
(そんな言葉くらいで私は救われんわ、と当時は思ってました)
クリスマスか私の誕生日に、
自分一人海外に出かけた際、
「〜のケーキ屋に●●に挟んであるレシートもってケーキ取りに行って」
と出国してから電話してきたり・・・。その他もろもろ。
(最初の頃はよくあったと思うけど忘れました)

    ・・・・

今も夫は中国なんかに行っておりますが
今日、そこから電話してきて
うちのキッチンに掛けてあるエプロンのポケットを見るように言い
数万円見つけると
ダイソン?掃除機欲しいって言ってたからそれ使って」

と。

素直じゃない人の演出。


しっかりと現金。かつこの演出。
ということで
素直に喜んでおります。


fatou@吉

人気blogランキング←アフリカ絡みのいい話はここにも。
[PR]
by gattsaf | 2008-09-06 01:53 | ときどき日記
感動のツボ
北京オリンピック。
私、どの競技もかなり食らいついて見ておりました。
どの選手にもこの大会までの道のりにドラマがあって、いろんな思いがあって、
それが求める結果に結びついた瞬間、その姿には毎度涙ぐんでおりました(歳。

その中で、ぐっと来たシーンは、
女子レスリング。
ソフトボールもか。

伊調姉妹も浜口親子も吉田選手の道程も、何度観てもぐっときます。

ソフトボールも上野投手の力投、監督の「上野で心中」の言葉。


どちらの競技選手でも光ったのが、「絆」。


私には「確実ではない」ものだからだろう。
「欲している」ものだからだろう。

絶対に信じられる関係。

すっごくまぶしい。


fatou@吉

人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2008-08-24 22:24 | ときどき日記