<   2006年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧
想像以上
GattSafができて、もう5年は楽に越える時間が経った。HPにしてからは、セネガルを身近に生活する方々から、時々メールもいただく。

そのメールで目立つのは「相談」だ。かなり笑えない内容。
GattSafは2人で運営しているが、マギーチャンはなんせ4人の子育てに真っ最中なので、一人息子の子育てを、ある意味適当にやっている私が、返信させていただいている。とはいえ、私に法的知識が豊富だとか、お役人に人脈がある、そこら中の在日セネガル人にもの言える・・なんてことは決してないので、ほんと、たいしたアドバイスどころか、聞き役にしかなれないのが、毎度申し訳なく思うところ。

私も夫と暮らし始める前までは、自分の想像を越えるネガティブな状況に対して、「自業自得」と心の大半は思っていた節がある。今も、無知の代償、については、払う必要はあると思う。
けれども、トラブルを解決するまでの苦しみ、なんとか解決した後の傷の癒し、解決の糸口も見つからない絶望感、虚無感、などの思いで過ごす人の気持ちを慮れる今は、「私にはわからない世界」とか「自業自得」とか「関係ない」とは、流せない。私自身、一人で思い悩み、自責の念にかられ過ごした時間は、孤独になることで、「寂」と「悲」「虚」「疑」のスパイラルだった。確かに、気持ちの傷は、時間が癒してくれる。でも、その苦しみの中にいる人は、いずれ楽になることに希望を見いだすより、そのまっただ中の苦しみから、即、抜け出したいのだ。「いずれよくなる」「もっと苦しんでいる人はいるんだよ」という慰めを聞き入れる余裕はない。

いただく相談メールに書かれるセネガル人は、善良な人間の常識をはるかに越えた、狡猾かつ、厚かましい人間だ。読んで吐き気がするほど、人の良心や尊厳を簡単に踏みにじる。あたかも「日本人はビザ取得に使うもの」「金づるとして使うもの」と道具のよう。そういう悪い奴ほど結婚してしまえば、子供を作ってしまえば、しめたもの、なんて知恵だけはもっている。おまけに、セネガルの自分の家族には、真っ当な思いやりを持っていて、そんな家族への思いを、結婚したら自分にも向けてもらえる、なんて錯覚すると、大変なことになる。

日本にいなくとも、セネガルにやってくる日本人を次々と騙しつづけているセネガル人もいる。もうこいつに関しては、以前も書いたので、「近づくな!無視しろ!」と顔写真でも張り出しておきたいくらいだ。

純粋にお互いに惹かれ合って付き合い、結婚、ということになっても、それまで違う文化で生まれ育った人間同士が家族として暮らして行くのも楽じゃないのだ。大使館員に目を付けられている奴や入管法に引っかかるような人間と、どうして未来を築いていけるのか。

最近、親が子を殺す、子を持つ親でありながら、他人の子は殺してしまうなんて、尋常じゃない事件ばかり目立つ。ニュースをみて思う。「まさか」の想像は、自分の常識の範疇内でとどまらせてはいけないのではないかと。異常者、バカ者、迷惑野郎、みーんな自分の痛みには敏感でも、他人の痛みには鈍感どころか、不感症。その不感度に、私は良心を信じていない。

「まさかここまで悪い奴とは・・」なんて人に関わっちゃったら、いつまでも一人で悩んじゃいけません。話せる人に、メールでも電話でもしてみましょう。もちろん、話す気力が出てきてからでいい。つらい時間を孤独に過ごすことはない。正しく生きていれば、勧善懲悪は生きてくると思う。長い目でみれば。

(fatou@吉)
[PR]
by gattsaf | 2006-02-19 12:14 | セネガル人ってさ
私は私
また、今1人だ。夫が息子を連れてセネガルに行って、約2週間。・・まだ2週間。1人だと時間の経つのが遅いこと遅いこと。1人だからといって、やたら残業したり、何か打ち込んでいるものが私にあったわけでもないから、家に帰れば、息子と夫がいた時間が、そのままぽっかり空間に反映されて、家が妙に広く感じている。

前回も独りになったときは、息子はまだ1歳半で、私も初めて息子と離された時間だったので、身を切られるような思いで過ごしたものだったが、今回は、息子がダカールに着いた初日から、私との電話にでるより、外に飛び出していった、と聞いて、ふっと安堵感が私を占めて、落ち着いた。息子のその行動は寂しかったけど、息子は今は大丈夫。息子が、彼のもう一つの母国で、元気に楽しむ気持ちで過ごせる。たくさんたくさん新しいものに夢中になって、別世界にもまれて、様々な感情を経験しておいで・・と、母親のまっとうな気持ちになった。送り出す時は、息子が私を必要とする時に、そばに居られない申し訳なさと心配ばかりだったけど、息子の元気な様子がふっ切らせてくれた。

というわけで、今は1人だからできることを、素直に楽しもうと、早速だらだらしている(おまえのしたかったことは、それかよ・・)。テレビをどれだけ見続けようが、DVDをいつ見ようが、とめどなくぼけーっとしようが、だれも制限しないんだもの。そんな時間は子育て中の母親にはないものだ。

心配は夫に対してもある。節操なく考え出せば、心配の種はいくらでもでてくる。余計な忠告、勝手な憶測を真に受ければ、まったくやってられたもんじゃない。
が、数ヶ月単位で会わない期間があったって、たくさんケンカしたって、私たちは夫婦を継続している。思い返せば、もう結婚して10年。この10年間に、何度離婚を考えたことか。この人によって、どれだけのつらい思いを味わったんだろう。甘い10年間でなかったことは明言できる。
いろんな危機を乗り越えてきたからといって、今後も大丈夫よ、がんばるわ、なんて、ツメの垢にも思っちゃいない。夫がこれまでやらかしてきたことは、いくら謝罪し、懺悔されたところで、なかったことにはできないし、その上で、夫を夫とする限りは、彼を信じ、彼の味方でいようとすることが、そう簡単ではないことは、よくわかっている。

けど、不思議なことに、夫の私への愛情を私は今も感じることができるわけで、それがたとえクモの糸のような危ういものだったとしても、私はそれをたどろうと思う。人にはいろんな選択権があって、どれを選ぼうが、チョイスした道の上で、足を前に踏み出す気持ちがある限り、その選択は肯定していいと思うから。

離れて過ごす時間が長くても、いろいろ問題が多かった夫婦であろうとも、うちはうちのスタイルで前向きになれればいいのだ。やかましい外野には、つばでも吐いとけ。

こんなことをじっくり考えられるのも、1人空間にぽつねんといるおかげです。

(fatou@吉)
[PR]
by gattsaf | 2006-02-12 13:02 | ときどき日記
がんばる人たち
以前も書いたが、今、日本の高校バスケットボール界でがんばるセネガル人が多くなってきた。なぜセネガル人なのかは知らない。インターハイやウィンターカップなどの全国大会をTVでみていると、中国からの長身留学生も目立つ。しかし、テレビ放送されるレベルまで残るチームには2m超のセネガル人プレイヤーを擁していた。同チームに中国からの195cmプレイヤーがいても、外見的目立つのはセネガル人プレイヤー。だって195cmより大きいのだ。肌色だって違う。仕方ない。

この海外からの長身プレイヤーについて、高校バスケットボール界では賛否両論あるそうだ。「そんなでかいプレイヤーが、あるチームにいたら、一般のチームは勝てないじゃないか」というあまりにストレートなひがみ理由を正論とする人たちがいるんだろう。
でも、NBAを見て育ち、身近に外国人も多くなり、海外へ行き来することも多くなった今、子供とはいえ、日本の高校生スポーツ界が海外の影響を直に受けるのは当然だと私は思う。

何事もそうなんだろうが、何かに打ち込む人たちには、打ち込む対象以外のカテゴリはあまり重要ではないはず。バスケットボールに真剣に打ち込む人たちは、よりレベルの高いバスケットをしようとする。バスケットはチームプレーだから、高い個人の能力があったとしても、それを支える努力や活かすチーム、発揮しイマジネーションをかき立てる相手チームがあってこそ、レベルアップもしようというもの。今どき、日本人限定の井の中の蛙トーナメントで優勝したって、NBA見て育った今どきの高校生が、世界に近づいた、なんて夢をもてるのか?

日本の高校でバスケットボールをがんばる海外留学生。もちろん身体能力が彼らが日本に来る事になった1つの理由ではあると思う。が、15、6歳で日本にやって来て、日本のトップクラスに登りつめるバスケットをするには、そのチームの相当の練習量もこなし、その上で個人の努力もあり、ハートの熱さもあったはずなのだ。晴れ晴れしい全国大会出場までには、ケガに苦しんだり、自国や言葉が恋しかったり、感受性豊かな10代まっただ中、たくさんの思いに揺すぶられたことだろうと思う。それを乗り越えても、必ず勝てるとは限らない、厳しい勝負の世界に身をさらす彼らのプレーはやはり眩しい。眩しいプレーも一日にしてならず。見えない努力を勝手に慮ってしまう私なんて、ゲーム観戦後はうっすら涙浮かべてしまう。(年よりだな)。さらに、素材こそ日本産ではないにしろ、紛れもなく日本人のコーチの元、磨かれ育てられた彼らのバスケット能力。国籍のカテゴリなぞ、コートの中ではかすんでしまう。

「彼(セネガル人センター)とできるだけ話す機会を持つようにしています。」と言った福岡の1年生ガードプレイヤー(日本人)。170cmの彼が2m超の先輩プレイヤーと同じチームでプレイするには欠かせない、コミュニケーションの大事さをよくわかっているセリフだ。出会ったこともない長身プレイヤーをいかに活かすかは、ゲームを作るガードにもかかってるものね。

好きなことに打ち込めば、今どき国際交流なんて言葉は後からついてくるもの。日本人だけで生きる事自体、不自然なんだもの。高い意識で物事に打ち込める環境をもらった人は本当に幸せだ。
大人は、ちんけな物差しで子供の意識を計っちゃいけない。子供たちがいろんな地域や民族の人たちにもまれる機会をどんどん与えてほしいと思う。そこから、さらに大きなチャンスや能力、創造が生まれるはずだから。

(fatou@吉)
[PR]
by gattsaf | 2006-02-04 15:25 | ときどき日記