タグ:人権 ( 15 ) タグの人気記事
傷の残り方
息子が所属するbaskeチームは県内でも強豪とされているチーム。
おかげさまで、厳しくも「おもしろい!楽しい」と言って
baskeを(彼なりに)熱心にやっている様は親として満足。

が、小学生がスポーツを熱心にしたい場合
親は子供以上に時間も手間もかけなくちゃならない。

というわけで、父兄同士も共に過ごし協力し合わないと大変。
子供にスポーツをさせるだけなのに
父兄同士の人間関係が親自身の心労ウェイトを大きく占めてくることもある。

・・・・

先日、息子が自分の風貌を「嫌だ」と言い、
アフロの髪にも「いややけん、切った」と
私に話してくれた時にはすでに自分で一部髪にはさみをいれていた。

それを発端として、学校にも対応してもらい
basukeチームでも緊急父兄会となった際。

溝の残ることを散々言われました。わたくし。

息子は、自分が生まれ持った風貌に自信持っていたのだけど
それを知った上で、
相手は理不尽な言い方や態度で息子を否定し続けていたのは確かで
どの角度からみても、相手はいい訳できないことをしていたと思った。

でも

相手母親は
「気に入っていることを知ってて悪く言い続けていたことは悪いと思います。
  それは謝ります。すみません」
と投げ捨てるように父兄会の場で言い、その後に続く「でも・・〜〜〜〜」の事の方が長く、
私は謝罪を受けた気分にはなっていない。

さらに、この母親以外からも、普段の息子のやらかしぶり、やんちゃぶりを
散々責められ、
「そっちだって〜〜とか◯◯とかうちの子に言って、うちの子泣いてるんよっっ!!!」
「なんで自分の子ばかり被害者な事言うの?!!」
などと言われた。

私としては、それは、男子同士の喧嘩やろ。お互い様やろ。
うちの息子が手がかかるのはよくわかっている。だから
これまで散々やられているのも逐一言う気はない。
息子が直すべきところをちゃんとすればいい。
多少のいじわるはbasukeで見返すんよ、と息子にも言っている。
でも、
お前の息子が学年上のくせに、複数で息子にいじわるしているのは知っている。
それに反抗する息子の言葉がきつければ、そこを責める恥知らずめが!
事実、息子に理不尽にいじわるしていたからこそ、学校で呼び出された際
「怒られた」となったんだろう?何もしていなかった子たちは、
先生に言われた通り、見た事、知っている事を話しただけで終わっている。

担任に呼び出され叱られたことが気に食わない親たちはそうやって怒っていた。

が、気分高揚、涙声になってまくしたてるこの親には
説明する気にもなれなかった。

それでも、息子にとっては、彼の風貌もうちの家族構成も当然のことで
うちはうち、友達は友達、と教えてきている中で、
自信をなくさせるまで、陰険に否定するのはおかしい。
明るい息子に思い詰めさせ傷つけた痛みはわかってほしい。

ということを分かってもらうために、夫へのこれまでの心ない差別のことも
ちらり挙げて
「私も夫と一緒になったから分かる痛みがある。知らなかったから、悪気ないから、
  じゃ済ませちゃいけないことはある。言っちゃいけないこともある」
と言えば

指導者立場で父兄を仕切る女性より

「でも、分かってて生んだんやろ?」

・・・・

頭きましたよ。頭真っ白になるくらい。

「それでも言っちゃいけないことはあるし、
  自分の言動で誰かが傷ついたなら、きちんと謝ることを子供には教えないと・・」
こう続けるのが精一杯でした。


そういう風貌で生まれてくることわかってて
ここに暮らしてるんやろ?
中傷も差別も仕方ないでしょ。

そう言わんばかりの一言。

それが指導者の一人とはね。


キャンキャン吠えてた親たちの低レベルさ以上に
呆然とした言葉でした。


basukeをしているのは息子。
そのチーム父兄として私は協力するだけ。
主役の子供たちがちゃんとbasukeができればいい。


そう念じて念じて、今に至ります。


息子はケロリとしている。
「お前が言ったことで△▲は泣いたんだって。
  自分が言ったことで相手が傷いたなら、ちゃんと謝ろうな」と
キャンキャン言ってた親子のところには私も一緒に謝った。
あっけらかーんと明るい声で謝った息子。
(ちなみに、息子は「きのこあたま って言ってごめんね」と謝っていた(笑))
相手たちも「いじわるしていてごめんね」そんな風に言った。
親も「あっら〜。もうそんないいのに。ほら、あんたも謝んなさいっ!」。
(そんないいのにって、キャンキャン吠えたのつい前日。
  なんで、「いいのに」って、上から?被害者?目線?????)

それもこれも息子の教育上。

自他ともに認める陰険ないじわるをしつづけた張本人は
学校で先生目の前にして泣いて謝ったらしく、
息子は先生も驚くほどあっさりと「いいよ。もうしないならいい」
と許していると聞く。

それでも、親は父兄会の場で私に謝りの言葉を投げ捨てただけで
親子共々うちに謝りにはきていない。
私なら、自分がしでかしたことの重大さを親が相手方に頭下げることで
心に刻めるんだろうと思うけど、
あの親子はしていない。

だから、「家では叱っています。以前のときも」なんて言い張ってたって
当の子供はし続けていて、事はひどくなっていったんだろうが?

多分、張本人は、今もうちに気まずいはずだ。
親は他の親にうちには寄り合わないから、と言っていたらしく
未だ私と目も合わさない。


こんななんやかやがあったのが昨年12月頃か?
今まだかなりの頻度で浮かぶ

   「わかってて生んだんやろ?」
    吠えてた親の顔。


早く昇華すればいい。


(fatou@吉)


人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2010-01-21 11:40 | ときどき日記
ユッスー・ンドゥール 魂の帰郷
あのユッスー・ンドゥールの音楽ロードムービー
ユッスー・ンドゥール 魂の帰郷
2月14日公開!!
シアターN渋谷にてロードショー

・・渋谷だけ。ちっ

a0013444_0112263.jpg


見たいなー!見たいなー!
音楽・・いいんだろうなー!

アムネスティの人権パスポートで当日鑑賞300円引きだそうです。


人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2009-02-06 00:21 | お知らせ
緊急ウェブアクション!”パレスチナ・ガザ地区への違法攻撃の即時中止”
a0013444_12525111.jpg
イスラエル軍攻撃で怪我をして治療を待つ男の子たち
<写真はguardian.co.ukより>


現世。今。
これを読んでいる今も「虐殺」に怯え
検閲の嵐で外出、移動も不自由な、
生まれてこのかた、そんな社会しか知らない子供がいる”場”があることを
ミサイルが飛んでくる社会など知らずに生きれる私たちは
ちゃんと受け止めないといけない。

そして動かないといけない。

・・・・・・・・・・・・・・・ ここからアムネスティからの配信を抜粋・・・・・・・・・・・・・・・・

パレスチナ・ガザ地区への違法な攻撃の即時中止を求める緊急ウェブアクショ
ンを開始しました。
▽エフド・バラク イスラエル国防相あて
http://www.amnesty.or.jp/modules/bmsurvey/survey.php?name=webaction02_IOP_Israel

▽トニー・ブレア 中東和平特使あて
http://www.amnesty.or.jp/modules/bmsurvey/survey.php?name=webaction02_IOP_Qualtet

NGO共同オンライン署名アクションも展開中!
・パソコンからはこちら http://www.shomei.tv/project-433.html
・携帯電話からはこちら http://www.shomei.tv/m/project-433.html

★ 現在激しい戦闘が行われているパレスチナで、パレスチナとイスラエル双方
の子どもたちの交流とつかの間の友情描いたドキュメンタリー『プロミス』を、
アムネスティ・フィルム・フェスティバルの初日に上映します。前売券の販売を
1月15日まで延長しました。
詳細:http://www.amnesty.or.jp?aff09


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・抜粋ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が子が、家族が、友人が、知人が
こんな風に扱われたら、殺されたら、
私は今こんな生活をしていられない。

現世の悲劇は、
世界のどんな惨いことにも無関心で目の前の欲のままに生きる「側」を
世界のどこかの抑圧の基に作ったことなのか。

せめて署名。すぐできる。

そして報道見て、読んで、
ガザ地区の虐殺報道より報道側が報ずべきことと選択したニュースに対して
そういう社会にいることをよく考え
そしてイスラエル政府発報道、そうではない報道
そこをニッポンのメジャーな報道各社がどう私たちに伝えているのか
よく見ておかないと。

今、軍に攻撃され血を流している子供がいること
この年末年始、「移動しろ」と強制的に連れて行かれた「避難先」が攻撃対象にされ、
死傷した一般の人たちがいること。


正月から布ナプで自分の健康について考えることができていた自分が
滑稽で、
怯えて泣きながら過ごす人たちを思い、反省しました。


平和なこの場からイスラエルのトップにもアクションは起こせます。

人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2009-01-11 13:07 | お知らせ
誰もにメリーメリークリスマス
偶然に2度見る機会があったので
3度目は自分が伝える側に立とうと思いました。



誰もにHappy Xmas


人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2008-12-24 23:02 | ときどき日記
ベルトはムチじゃない
あれから、多少落ち着いて、夫もそれなりにいい訳をし、
静かに暮らしていたつもりでした。

が。


先日、夫は自分のベルトをムチとして使いました。息子に。
それを身体張ってかばった私の腰にも腕にもあざができ、皮がめくれました。

まだ自分コントロールきかなくなる夫。
それも、私が息子に毎度叱るのが頭にきて、
息子に怒りが行ったらしい。絶対私への当てつけだ。

夫は息子をキツく叱る時は、お尻をぶつ。
今回、それがエスカレートし、尋常じゃなかったので
私は間に入った。
夫にふっとばされ蹴られても
息子に少しでも夫の以上な暴力が及ばないように
息子の上に覆いかぶさった。

私が身体張ったからか、遠慮なく奴はぶった。


絶対許さん。

そう思ったものの、こいつの怒りが静まるまでは、下手に動かない方がいい。

言いたいことを言わせ、とにかく息子に手をあげないよう
息子を従わせ

夫が落ち着いた頃、買い物に出るフリをし家を出た。
家出するつもりはなかったが、バカな夫から離れたかった。
息子も夫のそばに置いておきたくなかった。


そして、「手をあげるようなことがまたあれば言ってください」
と言ってもらえていた夫の恩人宅に走った。


恩人は不在だったけど、私の話を聞くなり、
すぐに夫に電話されたようで

夫は泣いてました。と。
非常に後悔している、と
夫の様子を私に伝えてきた。


その後、夫から電話があり、ずっと謝られたが

どう懺悔されたって、息子も私も打たれた跡が消えるわけじゃない。
どんな理由をもっても、あんなに打たれる理由にならない。

腹いせに、自分の服を買ったり、息子においしいものを食べさせたり
気を紛らせてから帰った。


夫にはしかと息子の打たれた跡を見ろ、と言った。
言うと、息子の打たれた跡は見たが
私の傷跡は改めて見ていない。

こんな傷ができるほど、息子を打つつもりだったのか?
私が覆ったからああも打ったのか?

と聞いても無言のままだった。


叩いた跡をみると悲しいと。
後悔している、と、言う。

息子の顔にあった夫の手型は3日ほどでとれた。
足も湿布をして寝かせていたけど、それも3日程で済んだ。

息子はケロリとまた毎度同じことを言わせ私に注意される。


夫はトラウマという言葉を知らない。

夫も私と同じように注意しているつもりだろうが
夫が多少強く睨むと、息子の目はおびえている。
すかさず私が口を挟む。
すると「うるさい」と私をもまだ睨めるこの夫。

十分怖いんですが?


トラウマの意味を話したが、今イチなようだ。
どれだけのことをやらかしたのかわかってない。


私の身体の傷もあざもまだ残っている。


同じ目に遭わないと、夫はわからないんだろう。
身体の傷が癒えても心は癒えないってこと。

そして
暴力の恐怖による服従の屈辱を
夫のような男はわからない。




2度と同じような事があってはならない。
同じような事が起こりそうな予感がした時点で
夫からは離れるつもりだ。

甘いか?

夫にも同じことを言ったが

「二度としない」

信じられるか?

これまでだって何度私に謝ってきたというのだ?
自分への誓いなぞ守った事がないのだから
「絶対しない」なんてほんとに思うなら
生保1億円くらい掛けてみろってんだ。
誓いを破ったら、死んで詫びる覚悟として
実際にそれくらいするならば
ちょっとは信じてやる。


ほんとに本音。

恥なことだけど、葬り去りたくないことだったので
ここに綴ることにしました。


今はまともなつもりなんだと思う。
まともな接し方をしてくれている夫。


狂気って、一度出せた相手には
容易くでるんだろうな。


息子はまだ父親に未練あるのかな。


(fatou@吉)

人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2008-07-17 00:31 | ときどき日記
【緊急】ケニア大使館に対する呼びかけ依頼
知人よりお願いがありました。

以下、転載してます。

ーーーーーーーーーーここからーーーーーーーーーーーーーーーー

WAAF(FGM 廃絶を支援する女たちの会)から、
緊急の署名依頼をいただきました。

ケニア大使館に対する嘆願署名です。

★緊急の呼びかけです。
★転送歓迎

皆様

私たちは女性の健康を破壊し、人権を侵害する
FGM(女性性器切除)に反対しているグループ
FGM 廃絶を支援する女たちの会」です。

今回、イギリスに本拠地を置く国際的な
人権団体Equality Nowより「ケニアのマラクエット地区で
150人もの少女たちがFGMの犠牲になろうとしていることについて、
ケニア政府、また各国ケニア大使館に反対のアピールを
してほしい」という緊急メッセージが届きました。

クリスマスから新年にかけてのこの季節は、
アフリカ各地でFGMが多く行なわれる時期です。

ケニアではFGMは法律で禁止されていますが、
ちょうど今、選挙の時期に当たり、メディアの関心が
選挙に向けられ、男性政治家はFGM反対の声を
あげない状況です。

FGMを行ないたい親たちはこの状況をうまく利用して
自分たちの娘にFGMを行なおうとしています。
また、海外移住民の中にはホリデイを
利用して国に帰り、娘たちにFGMを受けさせようとする
人々もいます。
かつてないほどの規模になりそうとのことです。
(原文ではmass mutilationと表現されています)。

FGM廃絶運動をしているNGOのシェルターは
FGMから逃れて駆け込んでくる少女たちで
あふれそうになっているそうです。

私たちもぜひ在日ケニア大使館に「FGM廃絶」を
求める声を届けたいと思います。
どうぞご協力ください。

また周囲の方々にもこのことをどうぞお伝えください。
どうぞこのメールを転送してください。

ご自分のメッセージをそのまま書いてくだされば結構ですが、
ここに添付する文書に署名をして出してくださっても結構です。

日本文だけでも、英文だけでも、
あるいは両方一緒に使っても大丈夫です。

メールの場合は

info@kenyarep-jp.com

ですが

http://www.kenyarep-jp.com/embassy/reference.html

のフォームからも送信可能です。

また、ファックスの場合は03-3723-4488ですが、
現在休館中で開業は2008年1月2日からです。
1月2日以降にファックスをお願いいたします。


●WAAFの例文

在日ケニア大使館 
デニス・ノエル・オドゥヤ・アウォリ大使殿

国際的な人権団体イークォリティ・ナウ(Equality Now)の報道によると
今年の12月から新年にかけてケニアのMarakwet地域周辺で
150人以上の少女に対してFGM(女性性器切除)が行われているとのことです。

FGMは女性の肉体的・精神的な健康を破壊するものであり、このように多数の
少女がFGMの危険にさらされている事態を私たちは見過ごすことはできません。
貴国ケニアにおいてもFGMは法律で禁止されていると聞いております。
どうぞ一刻も早く上記地域でのFGMをストップさせるよう本国政府に働きかけて
ください。

(個人、団体名)


H.E Mr. Dennis Noel Oduya Awori, Ambassador
Embassy of the Republic of Kenya

International human rights organization Equality Now reports that over 150 girls are subjected to Female Genital Mutilation (FGM) in and around Marakwet district, Kenya, from December 2007 to January 2008. We see FGM as a harmful practice that poses a serious risk to the physical and mental health of women. We respectfully request that Kenyan authorities take immediate action to protect girls from FGM, which is illegal under Kenyan law.

 (signature)


ーーーーーーーーーーーーここまでーーーーーーーーーーーーーーーーー

私も署名を送りました。
FGMの苦しみ、恐怖がこの世からなくなりますように。


人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2007-12-28 19:46 | お知らせ
長井健司さんのビデオカメラを取り戻せ!署名
ミャンマー軍事政権への抗議は、アムネスティを通じ
私も先日署名してました。
武力で何を制するつもりなのか。
武力で人を治めることはできないのに。
「武力」というのは、
人を人として見ていないから行使できるんじゃないか、
と私には思える。

9/27にとんでもない映像がTVに流れましたね。

長井健司さんのニュース←この他、youtubeでは長井さんの取材動画も見れました。

以下、長井健司さんの死を悼み、あのビデオカメラを取り戻すための
署名活動ページ
からの抜粋です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ミャンマー軍による長井さん殺害に抗議して、
抗議文の趣旨にご賛同をいただける方の、署名をお願いいたしております。
ご賛同いただける方は氏名と肩書きをお願いいたします。

呼びかけ人(順不同)2007/10/06 2100現在
増えています。

鳥越俊太郎(ニュースキャスター)
田丸 美寿々(ニュースキャスター)
テリー伊藤(演出家)
徳光和夫(司会者)
麻木久仁子(タレント)
綿井健陽(ジャーナリスト)
石丸次郎(ジャーナリスト)
佐藤和孝(ジャーナリスト)
高世仁(ジャーナリスト)
櫻井よしこ(ジャーナリスト)
北村肇(ジャーナリスト)
江川紹子(ジャーナリスト)
井上トシユキ(ジャーナリスト)
河上和雄(弁護士、元東京地検特捜部部長)
紀藤正樹(弁護士)
田島泰彦(上智大学教授)
苫米地英人(脳機能学者)
前田日明(格闘家)
--------------------------------------

抗議文の趣旨にご賛同いただける方は
氏名(フルネーム)と肩書き(職業か所属先)を
署名のためのインターネット上のフォームに書き込んでください。

物理的に手書きの署名の必要はなく、
お名前と肩書きをこのブログでリンクしているフォームに書き込んでください。
署名フォーム(クリック→)https://hal.sakura.ne.jp/syomeis/sign
携帯電話はこちら(クリック→) http://hal.sakura.ne.jp/sign.html


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

長井健司さんというジャーナリストがいた、ということを
恥ずかしながら、私はこの事件で知りました。
でも多分、長井さんの取材映像は、
これまでもたくさん見ているんだと思います。

世界の危険地域や目を向けるべき現実の場に足を運び
取材されてきた、熱く優しいジャーナリスト長井さん。
長井さんの取材の命ともいえるビデオカメラは
長井さんの志のある場所へ戻るべきだと
私も思う。

涙を流しているくらいなら、何かできることを、
と思いました。

遅ればせながら、是非、署名の協力を。

ここ↓にも長井さんの死を悼んでいるブログがありますように。
人気blogランキング
[PR]
by gattsaf | 2007-10-10 09:13 | お知らせ
BS世界のドキュメンタリー シリーズ アフリカ
この番組企画は、セネガルのお話ではありません。

が、考えさせられる企画です。

BS世界のドキュメンタリー シリーズ アフリカ

http://www.nhk.or.jp/wdoc/


9日 0:10~からBS1で連日5夜(6回)放送されます。


これまでの経験からしても、こういった放送があると
アフリカ出身の方々が、このイメージで見られること大有りです。

なので、アフリカのイメージ=この番組企画イメージになるのは
複雑です。



この番組企画は、シエラレオネ出身の現在イギリス在住のジャーナリストの
体験ルポです。非常に意義の大きい番組だと思います。

そして、取り上げる問題も、大変深刻です。

見て、世界の現実を考えたい。


(fatou@吉)

この話題が多数の人に見ていただけますよう・・
ブログランキング
[PR]
by gattsaf | 2007-07-09 12:52 | お知らせ
外国人への特別視
Excite エキサイト : 社会ニュース

先週末のこのニュース。

日本の教育人の意識の低さも毎度驚く。

「外国人学校に入れる」

と母親が言えば、その後、放置なんですか。

他、いろいろ思いましたが、割愛。


日本人は外国人に対して妙な遠慮をし過ぎだと思う。

ここは日本であって、日本の法に基づいて管理されて当然。
それを、「外国人だから」って、体よく放任。

教育者なら、自分の管轄に外国籍児童が入ってきた時点でもいいから、
その外国について、
児童の教育について、

法律も、教育についても、勉強すべき。

うちの近所の年寄りなんてのは、明らかにDVだろうがって時も

「あ〜。夫婦喧嘩か。旦那さんのやり方がそうなら・・」

と助ける意識まるでゼロで引き下がったことありだ。
悪いが恨んだ。

この辺の気質というのか、世代の違いというのか、
男尊女卑、変な亭主関白が当然の感覚。ものすごく根強い。


うちの夫婦喧嘩が激しかったものだから、
お隣の区長さんも、何気に

「セネガルではそうなのか?」

と聞いてきたことがある。(ポイント、そこじゃなかろう?)

「いーやっ。違いますっ。
 セネガルで奥さんに手を上げようもんなら、
 奥さん側の家族が黙っていないもんです」


いつぞやか、夫姉から聞いた話をしたものだ。

実際、セネガルでは、男性が圧倒的に偉く扱われるが、
強いマダムは多数いる。
やはり、そういうマダムは、きちんとした教育を受けているし、
高等教育を受けている女性を娶った男性は
複数の妻を持たない傾向が事実あるのだ。



なのに、その区長さんさえも、常に夫寄りの立場を維持する。


なぜ????


外国人って、そんなに「特別」なものですか?

ここが日本なら、日本の法律は立派に適用されるんです。
(一部、治外法権な方々がいらっしゃいますけど)

彼らは、日本国に入る時、ちゃんと

「日本の法律を遵守します」

とサインもするんです。

夫を招聘した私だって

「遵守させます」と

一筆書いているんです。


そこを知ろうとする人は少ない。

なぜか、相手の国の慣習や法律を出してきて

「仕方ないな」としようとする。


そういう意識が、今、子供にも被害を及ぼしている。


そう思う。

[PR]
by gattsaf | 2007-07-09 10:22 | ときどき日記
The Shame of War
a0013444_23362746.jpg

知人のブログで紹介されていた「The Shame of War」という本。国連組織IRIN (Integrated Regional Information Networks)が戦争下で起きている性暴力の状況がレポートされている。

形容できない状況。胸が締め付けられる。胃が収縮する。

この事実を多くの人が知るべきだと思う。

このレポートはIRINのサイトから無料でDLできる。
http://www.irinnews.org/Report.aspx?ReportId=70548

この本を読んで、本に登場した人たちのこと、この本のテーマ、家族、社会、モラル、自分の過去などなど、いろんな思いが駆け巡った。


今のこの時間も、彼女たちはその過去を背負って生きている。



(fatou@吉)
[PR]
by gattsaf | 2007-03-13 23:36 | お知らせ