タグ:夫婦 ( 17 ) タグの人気記事
男の意味
先日、夫が
こたつをひっくりかえし、電気ストーブを投げ飛ばしました。

また。

もちろん、その後物言おうとする私に
口汚く威嚇するのも忘れません。
息子の前で。

夫が言う理由は、私の言い方が悪い から。


毎度毎度、平日の仕事後の家での限られた時間って
夕食作って、片付けて、お風呂用意して、布団敷いて、洗濯して、と
決まってる。
同じ仕事から帰ってきて、自分のお弁当を洗った後は
上げ膳据え膳、ずーっと座っていたあげく、
お腹がふくれたらそのままこたつで寝てしまう夫は
かたや、帰ってきて座る間もなく、夕食作り、息子の宿題、学校連絡をチェックし、
「さっさと食べんかー!」とTV見ながら食べるのを止めない息子を叱りつつ
食べたら腰上げ夕飯後片付けし、お風呂を用意したり、
息子をお風呂にいれたり、お布団敷きに動いたりしている私だって
仕事帰りで疲れてるということなんて気にも留めていない。
私には夫と同じようにくつろぐ権利はないのか?
短い平日夜の家庭時間、
ちょっとTVに笑って、メールチェックして返信しているだけで
あっという間に息子の寝る時間になる。


どこの家でもやっていること、
たったそれだけ、あたりまえ、と思いつつも
毎日すっとばすことができないことなのに、言わないと分担しようともしない
普通に「やって」と言った所ですぐには動かない夫を見ていると
むっとくる。
ちょっとジュースを飲むにも、ものを取るにも息子を使い
終いにはTV占領したまま寝てしまい、
または、私のMacで
私に見られたくない相手からのメッセージやりとりしていたり
ずーっとスカイプでしゃべっていたり、と

そんな夫に

おまえ、いい加減にせーよ

と、にこやかにやさしく静かになんぞ言えません、
冗談ぽく雰囲気よくなんて言えません。


私にも余裕があれば別ですが
心も経済的にも余裕があったことがほぼなくって
その原因の大方は夫で

って、状況で
どうして仏サマのように夫に接することができますか。

反省していることを毎日少しでも見せてくれるならともかく。

これまでの夫を、許すこと、
良くなろうとしている夫を 認めること は
彼と家族でいくかぎり、私には必須。

でも、夫は今だ自分が一番被害者だと言わんばかりの態度を
ぶつけてくる。

そして、今回言い放った

「男になれば!?」

以前もあったんですが、なんですか?この言葉。
私が感情的に「手伝って!」「少しはやって!」と言うのは
男になりたいからとなるのか?

色々思いますが、今回夫が私に言い放ったタイミングを考えると

男が家族に身勝手に振る舞うのは当たり前。
女は黙って家族のために動け

とのベースがあると思わざるをえません。
男で生まれれば、どんなにくそったれでも
女の労働の上にのさばってられると思っているのか。
その男女間の愛情は対等か?
思いやりは受けるばかりが男か?

頭悪いなぁと思うんだけど
連れ添って10年以上たっても、まだ
セネガルの大家族をお手伝いさん含め複数女性で切り盛りする母と
たった3人の核家族とはいえ、
女一人、生活の外堀内堀ぜーんぶ主体にならないといけない私とが
どれほど違うのか、わかっていないんだ。
おまけに、夫自身、これまでもどれほどやらかして
私をのほほんと暮らさせていないことか。


私は確かに言い方がきつい。
何度も何度も同じことを「感じよく」言うことができない。
特に、以前それ、あんたが一番謝った、二度としない、と言ったことだよね?
ということを
またやらかそうものなら
穏やかに諭すことなんて無理。
がっくりくるところを怒りで奮い立たせることで関の山。
賢くない私だ。


なにより息子の前でモノに当たることを隠さない夫には
憎しみさえ、瞬間沸き立つ。


お前が思う「男」になんぞなりたくないわ!
そんな身勝手な横暴男ばっかりの国が
女、子供が笑っていない、戦争ばかりの国なんだろうが。


暴力が横行している地域へ
悲しみに暮れる被害者救済のボランティアに夫を派遣したい

人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2009-02-14 14:16 | セネガル人ってさ
D・R.Yさん
夫が来日して間もない頃、私は夫と共に人前でベースサバールを叩くことがあった。
他にメンバーがいないので、致し方ない選択。

ある日、夫と近所で
サバールだかジェンベだかを叩いていた時だったかレッスンだったか。
元気のいい明るい女性が声をかけてきた。

「こんちはー!この間の〜でのライヴ、見たよ!覚えてる?
 結婚間近と聞いてたけど、結婚したんだね!嬉しい。おめでとう!
 あの時二人をみて、 『あー、頑張ってるんだ!』と思ったの!
 結婚してほしいと思ってたんだー!よかったー。応援してるよ!」

と。
多分、ライヴの場では言葉かわしているんだろうけど、覚えがなかった。
でも、地元(県外)の友人を案内している途中にわざわざ声を掛けてくれたことも
「私の夫はアメリカ人。うちも大変だったんだー。頑張ろうねっ!」
とさらり言われて連絡先をくれたことも
なんだか嬉しかった。

その方D・R.Y(イニシャル)さんの雰囲気が何よりステキでした。
明るくサバサバと。そして浮世離れもしておらずしっかりした目の光。

その時の交わした言葉は少なかった。でもインパクト抜群。
あの頃「応援してる」と言ってくださる方は数々いらっしゃったのだけど
それは、夫のステージ活動に対してがほとんど。
でも、D・R.Yさんのそれが後に
決めた夫と夫婦でいくことの応援だったとしみじみ知ることになる。

その後、何度かやり取りさせていただいて、
何度となく励まされた。
インパクトあった意味が関わらせていただく度にわかった。

D・R.Yさんの旦那さんもうちの夫と引けを取らないほどの
手をやく&やらかす方。
その旦那さんと家族としてやっていくその日常の姿が
とても力強く、しっかりされていて、それでいて明るい。
D・R.Yさんの育児ぶりも元看護士でもあったしっかりさが発揮され
医者も文句言わないであろう数値化した記録がきっちり。
育児以外の氏変更の家裁手続きの様子なんかも
尊敬に値するほどのファイリング。

手をやく旦那さんとの色々話は絶えることなく、
お家にお邪魔するとずーっと聞き手に回っていた。
(話すより聞くことが多くなったのはD・R.Yさんに対してだけかも)

D・R.Yさんの明るく勢いある話し振りは
接するだけで元気になった。


「アメリカに移ることになった」と挨拶もらって数年。
どうされているかな?


私も同じ匂いがする方には声かけて応援していきたい。



実は応援してる場合じゃない(苦笑)

人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2009-02-08 13:34 | ときどき日記
誕生日
先日、夫の誕生日でした。

わたくし、珍しく(?)バースデープレゼントを用意しました。

夫にプレゼントしても、それがこちらからの特別な気持ちを乗せたものだって
おかまいなく
贈った後は、彼の一所有物に過ぎなくなるので
大事にされる、とかは期待してはならない。

とはいえ、簡単に人にあげたり、逆に使わなかったり、だと
萎える。
間近に見ちゃうので。

ということも含め、用意したプレゼントは

ipod touch。

ステキでしょー。
Macと色々同期ができるし、
モバイルでネットができるし、
夫御用達のスカイプもできるとなれば
夫も使うかなーと。

と用意した頃、夫はノキア電話でラジオだの音楽など
かなり楽しんでおり、あらー、私のものにしようかしら?

そう思いつつ、最近極寒の中でもまじめに仕事に行っていた夫に
ささやかな幸せも必要だよな、と無事渡しました。

でもねえ。夫はこんなコンパクトなもの、
なくしたり、不要と思えば売りにだしかねないので

当然8Gで、そして
Apple店サービスのメッセージ刻印をしてやりました。
(が、メッセージも名前じゃないので、やっぱり売られる可能性あり)

iPod touch は地味に喜ばれましたが
我が家の無線LANにつなげるところから
スカイプできるようにするところから
ゲームをDLするところから
すべてすべてお膳立てが必要で
それらが完了するまではiPod もただの箱。

で、
彼の音楽セレクションを試しにシンクさせたら
8Gもあっという間にいっぱい。
どんなセレクションやねん。

「my macが欲しい」と言っていた夫に
彼が使う機能は、ネットラジオとスカイプと音楽とメールだけ、と思い
それならiPodでいいんじゃない?でしたが
今のところ喜んで使っているのは
息子です。

人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2009-01-31 19:29 | ときどき日記
家の中で小走りする女
セネガルでは、大人たるもの、普段絶対といっていいくらい、走らない。

女性なら優雅にゴージャスに堂々と。

処変えて、普段の我が家。
私は、洗濯が終わったと洗濯機に小走り。
洗濯物かご持ってタッタカ階段を駆け上がる。
電話が鳴れば小走りで出るし、
ゴミ出しも重いゴミ袋を早く収集場に持っていきたいと小走り。
時にスキップ♪(子供か!)
トイレに行く時なんたー加ト茶ん走りのようだ。



夫にそのセネガルにはない妻の日常の姿について聞いた。

すると
「元気。若い。自転車にも乗るし」

幼稚にも見えるアラフォー妻とも言えよう(笑)
ちょこまかと。


息子に「ちょっとはじっとしなさい!」
とちょろちょろ動く息子をたしなめる私に
夫はきっと「君の息子だよ」と腹の中で突っ込んでることだろう。


自分で「あたしなんで小走り?」とトイレでふと思いまして、この記事。
人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2008-11-30 15:02 | セネガル人ってさ
ハプニング好き
「あんたは占い師か予言者か!」
と言いたくなるくらい、
夫はスポーツ観戦などで「今から決めるよ」「こっちが勝つ」
と自分の勘所に自信を示すのが好き。
自分外のことを予測するのは好きですが
自分の予定を私に言うのは好きじゃないようだ。

ま、セネガルでは、良き日にしたい場合
事前に人に触れ回らないようなので
最初は呆れたが
今は、だいぶ事前連絡を私にするようになったし
私も慣れた


夫は粋なこともたまにする。

喧嘩した後、謝罪のメモを添えた花束プレゼントという
欧米映画みたいなことやってくれたり
数年前の頻繁なライヴ時では、ステージ上から
私への感謝、労い言葉を語るのは常だったり
(そんな言葉くらいで私は救われんわ、と当時は思ってました)
クリスマスか私の誕生日に、
自分一人海外に出かけた際、
「〜のケーキ屋に●●に挟んであるレシートもってケーキ取りに行って」
と出国してから電話してきたり・・・。その他もろもろ。
(最初の頃はよくあったと思うけど忘れました)

    ・・・・

今も夫は中国なんかに行っておりますが
今日、そこから電話してきて
うちのキッチンに掛けてあるエプロンのポケットを見るように言い
数万円見つけると
ダイソン?掃除機欲しいって言ってたからそれ使って」

と。

素直じゃない人の演出。


しっかりと現金。かつこの演出。
ということで
素直に喜んでおります。


fatou@吉

人気blogランキング←アフリカ絡みのいい話はここにも。
[PR]
by gattsaf | 2008-09-06 01:53 | ときどき日記
感動のツボ
北京オリンピック。
私、どの競技もかなり食らいついて見ておりました。
どの選手にもこの大会までの道のりにドラマがあって、いろんな思いがあって、
それが求める結果に結びついた瞬間、その姿には毎度涙ぐんでおりました(歳。

その中で、ぐっと来たシーンは、
女子レスリング。
ソフトボールもか。

伊調姉妹も浜口親子も吉田選手の道程も、何度観てもぐっときます。

ソフトボールも上野投手の力投、監督の「上野で心中」の言葉。


どちらの競技選手でも光ったのが、「絆」。


私には「確実ではない」ものだからだろう。
「欲している」ものだからだろう。

絶対に信じられる関係。

すっごくまぶしい。


fatou@吉

人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2008-08-24 22:24 | ときどき日記
まとまりませんでした。気持ち
お久しぶりです。

ここ数ヶ月、全く更新する気になれなかった。
わずかながらも「楽しみ」にしていてくれた方々、ごめんなさい。

今も全く気持ちは落ち着かないままです。


「離婚する」とかなんとかの話しになっていました。

これまでも五万と「別れよう」と思ってきたけど、仮にも
夫からこちらの目も見ず言い放ったことで
私としてはとにかく自分を冷静にさせ、気持ちを定めようと
泣いたり禿げたりしてました。
(最近1円ハゲを見つけた(笑))

決着としては、
「もう夫を自分の世界に入れない。関知しない。関係なく生きよう」


そう必死にもがいて落ち着いた頃、

夫がお世話になっている方と話をする機会があった。

夫は息子と私を彼の家族として見ているし、
散々苦労かけたこともなんとかしたいと、今回自分のところにきた、

てなことを聞いた。

随分と食い違った話しじゃないか。

その方より、イロイロ話を聞いたけど
私はダシじゃないの?
との思いは消えない。

夫はやらかすだけやらかし、
言った言葉になんの責任も持たない男だ。

外でなんと言っていようが
私に言ったことの撤回も謝罪も弁解も
未だなんにもなく、

終いには、国の家族を助けたい、と
私を巻き込んできた。

私も助けたいのはやまやまだ。

が、
「私はまだあんたの仕事について何の説明も受けてないんだけど?
 一緒に仕事してる人は?」
と言えば
「もういい。もう何もしなくていい」
と勝手に通話終了にするこの男。

「私に仕事のことをきちんと話す。全て話す」、ことは
私をダシにすることの条件だったはずなのに、これだ。

第一、都合悪い事を聞かれたくらいで
勝手に電話を切れる程度の「家族を助けたい」なんだろうが。

これ以上、どうして私が「利用」される筋合いがある?
あつかましい会話ができるのは、間違いなく「利用」しようとしたからだろ。


家族でいるばっかりに、社会的な面倒事はすべてこちら。
あとのことは、聞いたって答えやしないくせに。
そして都合悪くなれば、身勝手に会話も終了。

・・・・・

私はなんなのだ?

・・・・・

こう思いたくないから、ずっと気持ちを整理してきた。


私はないがしろにされるべき人間じゃない。
ダシでもない。
そう扱おうとする奴は、排除。
もう感情を持ちたくない。夫に。


お前の気持ちをよく知る人に面倒みてもらえ。


人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2008-06-07 01:14 | ときどき日記
事実離婚
気分が悪くなるほどの「悲しい気持ち」に
私はなったことがある。
怒っているわけではなく、胃がキリキリする。
ため息がでる。
みぞおち辺りからなんかこみ上げるごとく。
そんな感じ。

そんな「悲しい気持ち」になる状況から
自分の気持ちを守る術も身に付いたからか、
夫があまり家にいないからか、
随分とそんな「悲しい気持ち」から離れていた気がする。

出張から戻ると、数日家にいる夫。
彼にとっては、たまのお休みだからでしょうが、当然
なんにもしません。

なんにもしないどころか、

例えば、

ハンバーガーの包み紙を床に落としたまま。
お菓子を食べた空き袋もテーブルに出したまま。
脱いだものもあちらこちらにそのまま。

など、以前注意したことがあることを
あえて(?)する。

これらを注意すれば

「うるさい」
「気がついた方が、黙って捨てればいい。自分もそうやってる」

と、これまでも言われてましたので
なるべく、言わないようにしてましたよ。黙ってやってましたさ。

だって、気づくのは、圧倒的に私です。

彼にすれば、くずかごのゴミ袋がいっぱいなのを新しい袋に入れ替えた、
お茶碗を洗った、など
数えるほど(実際、数えられます)の当然の事をやっただけで
自分は私の数々気づかないことをフォローしている
つもりなんでしょうが。

これだけなら、別に悲しい気持ちになどなりません。
どこの家庭にもあることでしょう。

うちの場合は、そこに罵倒する言葉が付きます。

「うるさい!気づいたら自分でやればいい!ボケ!アホンダラ!くそったれ!
 (的意味を向こうの言葉にて)」

最近、モラハラ夫に長年苦しんでこられた方のブログを読みまして
私もよく似た思いをしてきたかも、と
それでも、自分の過去として思い出していたんです。

けど、進行形でした。休火山だっただけですね。
過去に十分すぎるほど暴れている配偶者の場合
きつい調子で「ボケ馬鹿くそったれ」などを言う事は
DV被害の経験者にいともあっさりと過去を思い出させ
脳を収縮させ、全く手を挙げなくなった今でも
全ての希望を奪い取るかのような現実に私を陥らせます。

基本、彼は変わっていないし、
今は、必要なことさえ会話しようともしない分、
夫婦関係を継続する最低基盤の愛情さえ、なくなったのかもしれません。

実際、彼のこと、彼の思い、彼の人生設計については、
他人の方が、よく知っています。

以前は
楽しみは別、彼がピンチの時、苦しい時だけは一緒
でした。

今は
全て別。
ただ、息子と一緒にいたいからとりあえず「家」に帰る

そんな感じですね。

でも、私はなんやかんやと蚊帳の外にされながら
私自身は確実に追いつめられているようです。


「ママとパパと3人がいい。」
と父親も母親も大好きな息子は、夫が久しぶりに戻ると
とっても嬉しそうだ。3人揃うと息子のテンションが上がる。

そんな息子が親同士の仲について決して安心してない様子は
これまでも色んな言動になって表れている。
なので、私も「こんなにも人を好きになったことはない」と思い至り結婚した人。
なんとか穏便にしようとするし、悪いように考えないようにするし
現状の悪い部分は私がカバーしようと思う。

破綻させないことは、この結婚に大反対した家族への私の愛と意地。

でも

事実婚の逆。事実離婚な今、
「別れたい」と、つきつけられているかのようです。


(fatou@吉)


人気blogランキングへ
[PR]
by gattsaf | 2008-01-17 13:04 | ときどき日記
嫁より大変らしい
息子が小学校に上がったのと同時に、ご近所付き合いがちょっと増えた。
それまで入っていなかった町内の子供会にも入った。子供会のイベントに
息子も参加したい、とのことだったから。それだけ。
あと、小学校からの廃品回収だの、校庭の草むしりだの、なんやらかんやら
ご近所の父兄とは顔を合わせるし、お世話になることも多い。

ご近所の主婦の方々は、いわゆる「嫁」仕事もあって、私からみたら
さぞかし大変。
嫁故に、夫に家事を積極的にさせることをはなから諦めているところもある。
姑がでんといますからね。

そういうご近所主婦と新たに顔見知りになり、話をするようになってから、
よく言われること。

「奥さんがしっかりしてるから」

・・・・・(沈

しっかりしてないさ。抜けっ放しさ。
それでも私が動かないと始まらないんだもの。

私からすれば、妻、母親以外に「嫁」として嫁ぎ先で生活するなんて
とっても大変なことに思えるけれど
そんな嫁の方々から、大変にみえるのが私の生活なんだろう。


ま、住めば都さ。


夫はいつまでたっても「隣の芝生は青い」人ですけど。


(fatou@吉)
[PR]
by gattsaf | 2007-06-04 11:08 | ときどき日記
「なんにもしなくていい」と言ったよね?
私も仕事をしていると、夕刻、帰ってきて、すぐに夕食の支度に取りかかったり、息子の明日の学校準備をチェックしたりと、夕食を食べる時まで、座ることはない。食卓につき、やっと座った後は、こまごまと立ちたくない。

夫は、「え。それにタバスコかけるか?」・・なんて、こちらが予想もしない調味料をおかずにかけたりするので、私はあらかじめ用意することはしない。

最初の頃は、用意していない調味料などがほしいと言われれば、私が動くことがあった。

が、今、特に息子が誕生してからは、「自分のことが自分でできる大人なんだから、自分のことは自分で」。これってどの家庭でも同じようなものだろう。

その他、ご飯やおかずのおかわり、普段、飲み物が欲しい時もしかり。私はメイドでもウェイトレスでもないのだ。

夫はなかなか腰を上げない。セネガルでは、ちょっとモノを取ってくるなんてことは、子供やメイドさんに頼めばいいから。そりゃ、らくだ。家の中にたくさん人がいるから、それぞれが動くとかえってうっとおしいこともあるんだろう。

しかし、ここは3人しか住んでいないうち。息子の世話をほとんど私任せにしているなら、自分のことくらい自分でやって当たり前。なのに、未だ、この自分で動くルールにご不満気味な夫。
先日も、電話で友人に愚痴っているのを聞いた。


それでもだ。「僕のことは何もしなくていい」と言ったのは夫自身。それはもちろん、頼まれる度に私がぼやいたりキレたりしたから。夕食を用意したって食べなかったりするこの身勝手夫になぜそこまで甲斐甲斐しくしなきゃならん?たとえよくできた夫にだって、私は甲斐甲斐しくなんてできないと思うのに。私だって疲れているんだよー!!

別に自分のことは自分で、というのを徹底的にしているわけではない。お茶を入れたり、コップを下げたり、洗い物なんかは大抵私がしている。それまで仕事や家事に追われ、やっと座った私の腰を上げさせることに思いやりが欲しいだけ。

先日、友人としゃべっていたら、その友人夫(日本人)は、友人が子供を膝に抱えてご飯を食べているのに、「おかわり」を友人に頼んでいたそうだ。何様?当然、友人宅でも、今はおかわりは自分で。

同じように外から仕事で帰ってきても、この有り様。
結婚して、身の回りのことを「する方」と「される方」の家庭での労力は雲泥の差。しかも、こういう小さいことでできた妻だの女性らしいだのの評価をしていたりする。

それを言うなら、「できた夫」になってみー。妻を評価するなんて100年早い。


(fatou@吉)
[PR]
by gattsaf | 2007-05-07 12:08 | セネガル人ってさ